android-bindingのライセンスについて

android-bindingのライセンスは、サイトに書いてある通りLGPLです。
http://code.google.com/p/android-binding/

AndroidアプリにLGPLのライブラリを使うことは、ソース公開の必要になる場合があるようです。



LGPLは動的リンクであれば影響を受けないという認識です。
Androidの場合は、apk、dexにLGPLのライブラリ自体を含むことになるため、影響を受けるということになるという解釈のようです。
私としては妥当だと考えています。

というわけで、LGPLを商用利用する場合は(当たり前ですけど)ソース公開の必要性などに注意が必要となります。
別にAndroidアプリに限らずですね。
ちなみに、Android自体はApache Software License, 2.0で、なぜこのライセンスなのかについて以下で記載されており、LGPLが引き合いに出されています。
Licenses | Android Open Source


話は戻ってandroid-bindingです。
Androidのライブラリなわけですが、上記のとおりLPGLのライセンスとなっています。
商用利用しにくいということで、昨年の年末にライセンス変更について提起されていました。
https://groups.google.com/group/androidbinding/browse_thread/thread/1711f6f186b6a898

提起にされているスレッドでは、MITライセンスへの変更を行うつもりとの記載がありますが、今現在(2012/5/28)LGPLのままです。
折角のいいライブラリなので広く使えるように、ぜひライセンス変更がされるといいなと思います。
いいなと思うからには、やっぱりチケット切っておかないと・・・w
http://code.google.com/p/android-binding/issues/detail?id=25

とりあえず、今回調べて作ろうと思っていたのはソース公開するからいいんですがw

コメント